法人・事業主の方

 
顧問業務

 

法的トラブルは、何事も”先手必勝”です。​

それを可能にするのが当事務所の法律顧問です。

”しまった”と思う前にご相談いただけます。

当事務所では、顧問先の経営者・担当者の方々と風通しを良くし、相談すべきかどうか分からない段階からご相談いただき、先手必勝を実現するよう、可能な限り電話・メールでのご相談に応じることはもちろん、

 

必要に応じて事務所等に出向いて打ち合わせを行うほか、定期的に事務所においてランチミーティングを行います。

それにより深く顧問先の経営理念や業務実態を把握して、少しでも経営判断・業務軽減に役立てるよう対応します。

​また、様々なプランを用意しております。

高度な知識・経験を持つ法務部の代替を実現するプランから、必要最小限の相談時間をリーズナブルに確保するプランまで、ニーズと予算に応じてお選びいただけます。

詳細は、お気軽にお問い合わせください。

 
セカンドオピニオン

いま相談・依頼している弁護士等の助言・仕事について

不安・疑問を感じていませんか?

当事務所では、セカンドオピニオンのご要望にも、

積極的にお応えします。

事案への対応方法や解決への道筋は一つではありません。

また、事情があって、普段、相談・依頼している弁護士等に話しづらいことがある場合もあるでしょう。

もちろん、不安や疑問を解消するためにも、セカンドオピニオンは有用です。

弁護士樋口治朗は、これまでそのようなニーズに多くお応えしてきましたし、これからも積極的に対応します。

お気軽にご相談ください。

 
人事・労務を巡るトラブル、団体交渉

 

人事・労務を巡るトラブルは多岐にわたり、

企業経営に深刻な影響を与えることも

稀ではありません。

巨額の損害賠償の支払い回避は言うに及ばす、業績向上に寄与すべき経営陣、人事部門、トラブルに関係する社員にかかる業務負荷・心理的負荷の軽減も必要です。

弁護士樋口治朗は、これまで主に使用者側の立場で人事労務問題を多数扱ってきました。

 

訴訟・労働審判はもちろん、企業外組合(地域ユニオン)との団体交渉についても豊富な経験を有しています。

また、問題の顕在化を防ぐための社員対応・弁護士との交渉についても、知識・経験を総動員して、出口を見据えながら経営判断に資する助言及び交渉を行います。

経営判断や事案に応じ、

依頼者利益の最大化を図りつつ、

筋を通し妥協しない、譲歩による早期解決を

図る等、柔軟かつきめ細やかに対応します。

商取引を巡るトラブル、債権回収

 

商取引にトラブルは付き物です。

 

相互に依存関係にある業績堅調な企業が相手であれば、相互に譲歩する穏当な解決が望むことができますが、商取引の相手は実は様々であり、決してそのような場合に限られませんから、予防策と迅速・的確な初動対応がとても重要です。

当事務所では、大きな取引を行う場合や与信リスクがある場合のトラブル・債権回収上のリスク予防策や、トラブル・未収金発生時の初動対応やその後の交渉・訴訟対応など、依頼者利益の最大化を図るよう迅速・的確なサービスを提供します。

 
著作権保護・損害賠償請求等を受けた場合の対応

 

著作権は、書籍・論文や映像・画像、イラスト、楽曲・歌詞、脚本など広く保護する権利です。

 

いずれも簡単にアクセスでき、複製、録音・インターネット配信・再生演奏などの手段も身近にありますから、意図せず侵害したり、容易に侵害されるおそれのある権利です。

しかし、著作権者として、権利や作品自体を守るために何ができるのか、逆に、侵害を理由として損害賠償請求された場合に請求に応じるべきか、対応が容易ではありません。

 当事務所では、著作権保護、損害賠償請求等を受けた場合の対応について、ご自分でできることから、弁護士を利用した対応まで、ニーズに応じて柔軟かつ幅広く助言・対応します。

コンプライアンス経営の助言

 

コンプライアンスは、単に法令を遵守することではありません。広く、企業を取り巻く法的リスクを回避することです。

弁護士樋口治朗は、法令遵守につき助言を行うのはもちろんのこと、ハラスメント対策、情報セキュリティー対策、社員のメンタルヘルス対策を含めた、法的トラブル発生予防のために助言を行います。

法人の設立、運営、事業承継・清算

 

当事務所では、法人の設立・運営・清算について、会社法をはじめとする法令に基づき、必要な手続・助言・書面作成を行っています。

また、会計士・税理士と連携して、法人のあり方について、事業承継・清算を含めたニーズに応じた最適な選択肢を提案します。